2010年07月08日

毛穴、シミ、しわ、くま、そばかすを隠す

あぶらとり紙(あぶらとりがみ)、顔の皮脂などをとるために用いる化粧用の和紙。白粉などで化粧品の状態をそのままに上からあてることであぶら汗を吸ってくれることができます。最近では、紙ではなく、フィルム製の代用品が見られる。 起源は、金沢市などで金箔の製造にあたっては、金地金を叩き広げると同時に、地金をかけるために使用されてきた専用紙、箔打紙を転用したれる。特に、朴打つ紙金箔の作成に10年ほど使い込んでより使用することができなくなった"ふるや紙"は、最高級品である。伝統的に京都の舞妓など花街の女性の化粧用に珍重になってきたが、現在は、金沢、京都の名産として一般的な女性にも人気がある。 この金箔と間接およびふるや紙製造のノウハウを応用して作られるが、"金箔打紙製法あぶらとり紙"である。 "金箔打紙製法"の定義や製法は石川県箔商工業協同組合によって決定され、製品にはロゴマークがついた一般のあぶらとり紙との差別化がはかられている。 肌に置いて使用することが一般的な使用法である。光沢のある表面が紙の場合は、無光沢の表面を肌に合わせて使用する。 化粧下地(けしょうしたじ)は、化粧をする前に、使用する化粧品。 化粧水(アフターシェーブローション)、美容液で肌を整え、乳液、クリームで肌をロックすること。クリーム、液状、乳状、ジェル状など多様な形態が存在している。ファンデーションや白粉、他のアイシャドー、頬紅のような付き、伸び、維持をよくするために、他の人、メイクアップ化粧品が肌に直接接触しないようにして、日焼け止め効果を持つか、または目的を持たせたものもある。また、お肌を整え、毛穴、シミ、しわ、くま、そばかすなどを隠すこと、あるいは後に使用しているファンデーションで隠して容易に目的を持たせたものもある。アイシャドーを使用する前にまぶたを適用することや、口紅の使用前に、唇に適用するなど、一部の使用に特化した化粧下地をすることができます。 ファンデーション(foundation)は、化粧品の一種である。顔全体に塗ってシミ、そばかす、小皺、毛穴、産毛に覆われ、お肌をさらに整える役割を持っています。欧米ではドーランが元祖で、日本で同じようなもので、以前には、おしろい(白粉)の役割になっていた。また、痣や刺青を隠すためのものもある。 クリームやローションなどの油性の基剤に肌色を補完する顔料を加えたものである。紫外線を遮断して、肌の乾燥を抑制するために使用される成分が含まれている場合もある
posted by urara25657 at 15:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。